30代フリーターの関西プチプラ生活

大阪に住む30代節約家フリーターです。お買い物したプチプラ商品(コスメ多め)のレビューや、低予算で楽しめることを中心に更新中。

【敷パッドと毛布の洗濯】DCMブランドの毛布・タオルケット用の洗濯ネットが使いやすかった

 f:id:putipura:20180110153824j:plain

今まで寝具を洗うとき、

わざわざ洗濯ネットに入れて

洗ったことはなかったんですが、

親がくれた敷パッドと毛布が両方“洗濯ネット使用”

と記載されていたので、

大型洗濯ネットを用意して洗濯してみました。

地味に初体験です。

使った感想などを書きたいと思います。

 DCMブランド 毛布・タオルケット用

 

 

 

 f:id:putipura:20180110153824j:plain

対応できる洗濯機

ドラム式洗濯機では使用不可

二層式洗濯機、縦型洗濯機

ドラム式洗濯機、乾燥機

では使用可

※必ずご使用の洗濯機などの説明書や

洗濯物の洗濯表示を確認してください。

ネットに入れる物の目安

(デザイン、材質により変わります)

シングルサイズの毛布なら1枚くらい

シングルサイズのシーツなら1枚くらい

シングルサイズのタオルケットなら1枚くらい

洗濯ネットの形

洗濯ネットを写真を撮りたかったんですが、

大きくて撮りにくかったので、

パッケージの実物イラストをアップで映しました⇩

f:id:putipura:20180110154128j:plain

使用方法

f:id:putipura:20180110155153j:plain

①毛布に付いている絵表示を確認し、

家庭で洗えるものかどうかを確かめる。

②毛布をたてに4つ折りにする。

③さらに半分に折りたたむ。

④毛布をネットに入れファスナーをしめて、

ファスナーカバーをかぶせる。

⑤ネットの両端のヒモを結ぶ。

※無理な力で引っ張らないでください。

使用方法④にあった

“ファスナーカバー”とはこんなものです⇩

f:id:putipura:20180110161032j:plain

普通の洗濯ネットの使用方法と毛布・タオルケット用の洗濯ネットの違った点

普段使っている普通の洗濯ネットと、

毛布・タオルケット用の洗濯ネットの違った点は、

洗いたい物をネットに入れてファスナーをしめた後、

ファスナーカバーをかぶせる所と、

最後にネットの両端のヒモを結ぶところでした。

洗濯ネットを使ってみました

私が洗いたい敷パッドと毛布がこちら⇩

f:id:putipura:20180110145914j:plain

左:敷パッド(一般的な敷パッド)右:毛布(薄手タイプ)

洗濯ネットの使用方法を読んで

敷パッドを畳んでネットに入れたら、

もう一枚入る余裕があったので毛布も入れました。

ネットの中に敷パッドと毛布を入れた様子がこちら⇩

f:id:putipura:20180110155729j:plain

スッキリまとまって気持ちよかったです。

これで後は洗濯機に入れるだけ!

思っていたよりめんどくさくなかったです。

まとめ

DCMブランドの毛布・タオルケット用洗濯ネット

対応

ドラム式洗濯機では使用不可

・二層式洗濯機

・縦型洗濯機

ドラム式洗濯機

・乾燥機

では使用可

※必ずご使用の洗濯機などの説明書や

洗濯物の洗濯表示を確認してください。

ネットに入れる物の目安

(デザイン、材質により変わります)

シングルサイズの毛布なら1枚くらい

シングルサイズのシーツなら1枚くらい

シングルサイズのタオルケットなら1枚くらい

先ほどの写真のニトリの毛布と敷きパッドは

両方薄手だったので、2枚ネットに入りました。

おわりに

洗濯ネットに入れなくても敷パッドと毛布は

洗える物だとは思うんですが、

長持ちさせることを考えたり、洗濯機のことを考えたら、

ネットに入れるのが正解だろうなと思いました。

こうゆうひと手間をしたとき、

自分大人になったなぁと思います(;^ω^)

スポンサーリンク