30代フリーターの関西プチプラ生活

大阪に住む30代節約家フリーターです。お買い物したプチプラ商品(コスメ多め)のレビューや、低予算で楽しめることを中心に更新中。

【単発バイト③】選挙の投票事務補助のバイトをした感想

f:id:putipura:20171121092240j:plain

私は政治に詳しくなく選挙にも疎いんですが、

選挙の投票事務補助のバイトは

これまで数回経験しています。

先月選挙があり久々バイトをしたので、

覚えているうちに感想を書いていきたいと思います。

求人の探し方

選挙の投票事務補助のバイトは

市役所が登録制で募集している所と、

市役所が派遣会社に依頼し、

派遣会社が求人広告を出しているときがあります。

仕事内容

仕事内容が、投票事務補助と初めての人が聞くと、

「私パソコンできないから無理か...」とか、

「事務って難しそう...」と

思う方もいらっしゃると思うんですが、

実際はパソコンを使わないし、

事務といっても何かを紙に書くこともありません。

派遣の私が任された仕事は、

投票所に行って、

そこで机に座って投票用紙を渡すのみでした。

そして選挙の投票時間が終わったら、

自分がいた投票所の机や椅子を片付けるのみです。

時給

今回私が働いた時給は1200円で、

8時間を超えた分は時給1500円でした。

こんな時給が高いのに、

こんなラクな仕事は他にないと思います。

バイトに来ている人の年齢層・性別

選挙の投票日だけの仕事なので、

来ている人の年齢層は主婦の40代の方が多めでしたが、

60代のベテラン主婦もいらっしゃいました。

私のような独身30代は見かけたことがありません。

それと同じく、

男性がこのバイトに来ているのも見たことはないですが、

男性NGの仕事ではなかったと思います。

詳しくは分からないので、

男性で選挙のバイトをしたい場合は、

雇用元に聞いてみてください。

持って行くといい物

エストポーチ

選挙に一度でも行ったことがある方は

ご存知だと思うのですが、

バイトをする投票所は市の体育館や集会所なので、

ロッカーや個人の荷物を管理する場所はありません。

なので、貴重品を入れて身に付けておける

エストポーチを持って行くと便利です。

しかし、初めてのバイトで一人だけウエストポーチを

身に付けるのが恥ずかしい場合は、

ポケットが大きめの服を着ていって、

貴重品をポケットに入れておくのをおすすめします。 

おわりに

選挙の投票事務補助のバイトは、お役所仕事なので、

民間の仕事より人が多いので、

比較的ゆったり仕事ができるのが私は嬉しいです。

投票所には市役所の職員が数名と、

派遣が私1人のときもありましたし、

もう1人派遣の方が来られてるパターンもありました。 

どちらにせよすごく簡単な誰でもできる仕事なので、

副業または社会不適合者の人の社会復帰に

少しでも働くきっかけにいいバイトだと思います。

【関連記事】 

putipura.hatenablog.com

スポンサーリンク