30代フリーターの関西プチプラ生活

大阪に住む30代節約家フリーターです。ブログにはお買い物したプチプラ商品(コスメ多め)のレビューや、低予算で楽しめることを中心に更新中。

足裏の汗が激しい私でも快適に履けた安いビーサンとスリッパ

f:id:putipura:20170615174405j:plain

私は子どもの頃から手汗と足裏の汗が半端なくて、大人になったらちょっとマシになるかも?と思っていましたが、変わらず汗っかきです。

ブログを書いている今も、足の裏の毛穴から汗がジワジワ出てくる感触を感じています...

そんな私が、今のところこれがベストだと思う、履きやすかった安いビーサンとスリッパをご紹介したいと思います。

ビーサン:Okabashiのビーサン

f:id:putipura:20170615172520j:plain

 価格:私はムラサキスポーツで3000円ぐらいで買いました。

(OkabashiのHPを見てみると、私が購入したものと全く同じものはなくリニューアルされていました。)

 

「Okabashi」の製品デザインは、快適性を第一に考え、とてもシンプルに設計されています。
人間工学に基づいた立体成型のアーチサポート、リフレクソロジーの考え方を取り入れた「マッサージビーズ」、抗菌効果が高く水洗いが可能な「マイクロプラスト」。
そして、計算された重量のあるこのオリジナルマテリアルは、いつでも足をしっかり支え、安定した歩行を提供してくれます。あなたの「エブリデイフィットウェア」であるために。

 

 

引用:https://www.okabashi.jp/

Okabashiのビーサンを買ったきっかけ

過去に何度も夏にビーサンを履いて歩いては滑って危ない経験をしているので、長年ビーサンを履くのを諦めていたんですが、

ある日ふらっと入ったムラサキスポーツで、夏が近かったのでビーサンコーナーを見ていたら、店員さんが近付いてきたので、汗っかきで普通のビーサンだと歩きにくいことを話すと、

「Okabashiのビーサンは歩きやすいですよ!」とOkabasiの良さについて丁寧に説明してくれたので、買ってみました。

もうかれこれ3年は愛用しています。

OKABASHIのビーサンの特徴

 

 

私が購入したOKABASHIのビーサンの特徴は、足裏が触れる部分が、足裏に自然に沿うような形状になっているところです⇩

f:id:putipura:20170615172920j:plain

親指の付け根部分までも工夫された作りになっています⇩

f:id:putipura:20170615173112j:plain

履いて歩いた感想

 

OKABASHIにビーサンは足裏に汗をかいても、普通のビーサンより大分歩きやすいです。

2、3時間ほどの外出なら十分できて助かっています。

ただ川遊びに行ったときは、ビーサンの底の部分が重めの作りなので、川の砂の上を歩くと埋もれて歩きにくかったです。

別の日に軽いクロックス(私が持ってるのは偽物)を履いて川遊びに行ってみると歩きやすかったので、川には軽めのサンダルがおすすめです。

スリッパ:ニトリ ルームサンダル(メッシュ17 NV M)

f:id:putipura:20170615171409j:plain

価格:¥599(税込み)

サイズ:M、L

①足裏が触れる部分が「立体メッシュ」

②甲部分が「メッシュ」

③底面裏に「通気穴」

④サイドオープン

更にかかと部分がへたりにくい6層構造

③の底面裏の「通気穴」⇩

f:id:putipura:20170615171813j:plain

スリッパの裏に穴があるスリッパ初めて見ました。

汗っかきにはかなり嬉しいです。

④のサイドオープン⇩

f:id:putipura:20170615171624j:plain

サイドがしっかり空いています。

履いた感想

普通のスリッパだと1日履いたら汗臭くなって、毎日洗濯していて面倒だったんですが、このルームサンダルだと数日間は汗の匂いが気にならないのが一番嬉しいところでした。

これまで色々なメッシュスリッパを買って履きましたが、今のところこのニトリのルームサンダルが一番涼しく履けています。

まとめ

足裏の汗が激しい私でも快適に履けた安いビーサンとスリッパ

ビーサン

「OKABASHI」のビーサン

価格:¥3,000ほど

スリッパ

ニトリのルームサンダル(メッシュ17 NV)

価格:¥599(税込み)

広告を非表示にする

スポンサーリンク