30代フリーターの関西プチプラ生活

大阪に住む30代節約家フリーターです。ブログにはお買い物したプチプラ商品(コスメ多め)のレビューや、低予算で楽しめることを中心に更新中。

スチール製(シルバー)の古い姿見が復活。錆を取って水性ペンキを塗りました

f:id:putipura:20170617201056j:plain

⇧のトップ画像のシルバーの姿見は、私が中学生ぐらいのときに、母親がカタログ通販で買ってくれたもので、もうかれこれ20年ほど使っています。

見ての通り、形はイケてないし茶色の錆が沢山出ていました。

古いしサビは汚いしもう捨てようかな?と頭をよぎったんですが、姿見を新調するのはお金が掛かるので、

この姿見の錆を取り、色を部屋に馴染む茶色にペンキで塗り変えることにしました。

久々の簡単DIYです。

姿見にはこんな錆が出ていました

f:id:putipura:20170615150717j:plain

もうかれこれ20年使っている姿見なので、姿見全体に錆が出ていたんですが、特に写真⇧のように、床に近かったり、床に直に触れる部分が錆びていました。

茶色いサビで、サビ臭い匂いがしていました。

サビを取るには何をしたらいいの?

姿見の錆はもう何年も前から気になっていたんですが、ずっと放置していました。

なぜほったらかしていたかとゆうと、この姿見の素材が何かも分からないし、どうやったらさびが落とせるのも分からなかったから。

今どきネットで調べたらスグ分かるだろうと思っていたんですが、ネットで探しても分からなかったんですよね...

もうこれは人に聞くしかないと思い、近くのホームセンターにメールでお問合せ(姿見の写真添付))しました。

すると、こんなお返事が⇩

『写真でははっきりと分かりませんが、恐らく「ピカール金属みがき」で落ちますよ』

とゆうことで、さっそく近くのホームセンターへ、ピカール液を買いに。

ピカール液を買いにホームセンターへ

ホームセンターへ行くと、ありました!ピカール液⇩

f:id:putipura:20170615151608j:plain

ピカール液」と呼ばれていますが、缶には「ピカール金属みがき」と書かれています。

容量・価格:180g・¥375(税込み)

私はピカール金属みがきの中で、容量が一番小さいものを買いました。

中を開けると、ピカール金属磨きの中身はとろ~っとした白い液体でした。

これで本当に落ちるのか?錆の部分をピカール金属みがきで磨きました

錆の落とし方は簡単で、ピカール金属磨きを要らない布に付けて姿見の錆を磨くだけ。

ほとんどのサビが何年も放置していたのにも関わらず、スルスルと綺麗に落ちていきました。

一部大きなこんもりしたサビは完全には取りきれなかったんですが、遠目で見ると気にならない程度にはなりました。

サビが取れないからと、あんまり同じ部分をこすり続けると、黒っぽくなったので(姿見の銀色の下の部分が出てきたのかな?)こすり過ぎには注意です。

錆が落ちたら次は水性ペンキ塗り

姿見の素材は恐らくスチール製なので、スチール製の家具に水性ペンキを塗る方法を持っていたDIY本(「自分でできる!女子でもできる!部屋のプチリフォーム」)で調べました。

すると、スチール製の家具に水性ペンキを塗る場合は、塗る前にしないといけない作業が4工程ありました⇩

①ペンキを塗りたくない所をマスキングする

私は姿見のペンキを塗りたくない鏡の部分に新聞紙を被せ、ガムテープで貼りました。

②住宅用洗剤を布に含ませて全体を拭く

③目の細かい(600番くらい)やすりで全体をこする

家の近くのホームセンターに目の細かい紙やすりが販売していなかったので、♯120の目の粗さが中目を買いました。

④下地材「ミッチャクロン」を全体に

f:id:putipura:20170615155649j:plain

容量・価格:420ml・¥1450(税抜き)

このミッチャクロンを姿見のスチール部分全体に吹き付けました。

この4工程が終われば、後は水性ペンキを塗るだけ。

私が使った水性ペンキはこちら⇩

f:id:putipura:20170615161747j:plain

 容量・価格:300ml・?

水性ペンキを刷毛で塗る方法もありますが、私はスプレータイプの方が綺麗に塗れるので気に入っています。

ペンキを塗り終えて...姿見のBefor➡After

Befor

f:id:putipura:20170617201056j:plain

after

f:id:putipura:20170615162510j:plain

サビを取って色を塗ったら、ちょっとだけ新しい感じになったような気がしたんですが、いかがでしょうか?

ただ一点水性ペンキを塗り終えて気になったのことが、ペンキを塗った部分にちょっと硬いものが擦れるとペンキが剥れやすかったです。

水性ペンキの上に塗る透明の保護スプレーを吹き付けた方が良さそうです。

まとめ

スチール製の古い姿見の錆を取って水性ペンキを塗る方法

(※悪魔で私が実践した方法で、合っているかはわかりません。)

①「ピカール金属磨き」で錆が出ているところを磨く

②ペンキを塗りたくない所をマスキングする

②住宅用洗剤を布に含ませて全体を拭く

③目の細かいやすり(600番くらい)で全体をこする

④下地材「ミッチャクロン」を全体に吹き付ける

⑤水性ペンキを塗る(初心者さんはスプレータイプがおすすめ)

⑤の後、私はできていませんが、家具に塗った水性ペンキが剥がれないように、保護スプレーを吹き付けた方がよさそうです。

 

私が買ったピカール液は容量180mlでしたが、こちらは容量300mlです⇩ 

 

広告を非表示にする

スポンサーリンク