30代フリーターの関西プチプラ生活

大阪に住む30代節約家フリーターです。ブログにはお買い物したプチプラ商品(コスメ多め)のレビューや、低予算で楽しめることを中心に更新中。

占いの種類と占い師を選ぶときの3つのポイント

f:id:putipura:20170606130948j:plain

占いを受けたいな~と思ったとき、なに占いをしようか?占い師さんは誰を選ぼうか?と迷ったことはありませんか?

そんなときにチェックしてもらいたい情報をまとめました。

占いの種類や、占い師さんを選ぶときに参考になる3つのポイントをご紹介します。

 占いの種類が知りたい

f:id:putipura:20170611172023j:plain

タロットカード・四柱推命・姓名判断などなど数ある占いですが、実は占いのほとんどが、3つのジャンルに分けることができます。

ジャンルごとにご紹介します。

①命術

四柱推命・星座占い・数秘術・誕生日占い

これらの占いは、主に生年月日から占います。

②朴術(ぼくじゅつ) 

おみくじ・水晶占い・タロットカード・断易

これらの占いは、その場で出た偶然の結果から占います。

③相術(そうじゅつ)

風水・手相・人相・姓名判断

これらの占いは、姿・形・名前から占います。 

こうしてジャンル分けされていますが

多くの占い師さんは、占いの当たる確率を高めるため、色んなジャンルの占いを統合して答えを出すそうです。

占い師さんを選ぶときの3つのポイントf:id:putipura:20170606135259j:plain

 ①占い師歴が長い人を選ぶ 

占いは実に奥が深く、習得するまでに10年以上かかる占いもあるそうです。

なので、できるだけ占い師歴が長い、ベテラン占い師さんにお願いしたほうが、当たる確率が高めれます。

※ただ占い師歴が長くて、勉強していない人はダメですが...

②不倫相談は、不倫に対して理解がある占い師にお願いする

「不倫に対して理解のある占い師」といっても、選び方が難しいところなんですが(口コミを調べるか、知人の紹介しかないですよね)、占いで不倫相談をしたい人は、これが要チェックポイントなんですよね。

なぜ要チェックかと言いますと、占い師さんも私たちと同じ人間なので、「不倫は絶対ダメ!」と思っている占い師さんを相手に不倫相談をしても、良い結果は教えてくれない場合があるからです。

例えば、「今の不倫相手は、奥さんより私を選んでくれますか?」と相談したとします。

占い結果が本当に悪い場合は仕方ないですが、「この二人は出逢うべくして出逢った!」とゆう良い結果が出ていても、不倫反対派の占い師さんは、不倫相手の悪い所や、不倫をしたら悪い方向にしかいかないとゆう、悪い結果だけを伝えてくる場合もあるそうです。

これじゃ相談する意味ないですよね...

③占いの結果の悪い所だけじゃなく、いい所も言ってくれる占い師を選ぶ

これも先ほどと同じく、選び方が難しいんですが(口コミを調べるか、知人の紹介しかないですよね)、占いの結果の悪い所だけじゃなく、良い所も言ってくれる占い師さんが良心的です。

占い師さんの中には、自分が占った結果を偉そうに上から目線で、悪い所だけをガンガン伝えてくる人もいます。

ですが本来占いは、どんな人にも長所も必ず出てくるものなので、自分の長所も話してくれる占い師さんを選びましょう。

まとめ

占いの種類

占いの種類いついては、初めの項目を見てください。

占い師を選ぶときの3つのポイント

①占い師歴が長い人を選ぶ

②不倫相談は、不倫に対して理解のある占い師にお願いする

③占いの結果の悪い所だけじゃなく、良い所も言ってくれる占い師を選ぶ

広告を非表示にする

スポンサードリンク