30代フリーターの関西プチプラ生活

大阪に住む30代節約家フリーターです。ブログにはお買い物したプチプラ商品(コスメ多め)のレビューや、低予算で楽しめることを中心に更新中。

EDION店員に聞いたプリンターの日頃のメンテナンス法と、インクカートリッジの選び方

f:id:putipura:20170603180952j:plain

プリンターのインクカートリッジを購入しにEDIONに行ったときに、店員さんがプリンターの正しい取り扱い方法と、インクカートリッジの選び方を教えてくれました。

その2つはプリンター寿命にも関わる大切な話だったので、ご紹介したいと思います。

プリンターの正しい取り扱い方法

①インクカートリッジの交換 

プリンターのインクの色が出なくなり、インクカートリッジを交換するときは、交換する前に必ず「ノズルチェック」をしましょう。

ノズルチェックの仕方が分からない方は、すごく簡単にできますので、説明書を読んでみてください。

小学生でもできるぐらい簡単です。

②プリンターを余り使わない時は

特に何も印刷するものがなくても、月に2回は何でもいいので印刷をして、プリンターを動かすことが大切です。

インクカートリッジの選び方

f:id:putipura:20170602180731j:plain

①インクカートリッジは統一する

インクカートリッジを毎回違うものにすると、プリンターの中でインクが詰まってしまうことがあります。

なので、インクカートリッジを購入する時は以前購入したものと同じものを購入しましょう。

自分が以前購入したインクカートリッジの箱を置いておくことをおすすめします。

②インクカートリッジの容量の選び方

インクカートリッジには通常の容量のものと、大容量のものがあります。

頻繁にプリンターを使う方は大容量のものを購入して大丈夫なんですが、余りプリンターを使わない方は、通常の容量のものを選びましょう。

大容量のインクカートリッジの方がコスパが良いので目が行きがちですが、余りプリンターを使わない使わない方が大容量のものを購入しても、インクを無駄にしてしまうことになります。

まとめ

プリンターの正しい取り扱い方法

①インクカートリッジを交換するときは、必ず、ノズルチェックを行う

②プリンターを余り使わないときは、月に2回何でもいいから印刷してプリンターを動かす

インクカートリッジの選び方

①インクカートリッジは毎回変えるとプリンター内で詰まることがあるので、以前使っていたものと同じインクカートリッジを購入する

②プリンターを余り使わない方は、通常の容量のインクカートリッジを選ぶ

おわりに

あともう1つ、店員さんが教えてくれたことがありました。

それが、

「プリンターでノズルチェックやヘッドクリーニングをするとプリンターは大量のインクを捨てている」

とゆうことΣ( ̄□ ̄|||)

このことを知ると、先ほどご紹介しました「余りプリンターを使わない方は通常の容量のインクカートリッジを買った方がいい」とゆうことに納得がいきますよね。 

今回ここでご紹介した内容を私はこれまで全く知らず長年今のプリンターを使ってきたので、黒の文字を印刷しても、黄色が混ざります笑

みなさんはこうならないように、大事にプリンターを使ってください。

スポンサードリンク