30代フリーターの関西プチプラ生活

大阪に住む30代節約家フリーターです。ブログにはお買い物したプチプラ商品(コスメ多め)のレビューや、低予算で楽しめることを中心に更新中。

LDKで高評価ナチュリエ「ハトムギ化粧水」と激安プラチナレーベル「ハトムギエキス配合化粧水」を比較

f:id:putipura:20170515150825j:plain

私は2016年の冬に読んだ雑誌LDKで、ナチュリエの「ハトムギ化粧水」が好評価だったのでこれまでずっと使ってきたんですが、

最近になってMEGAドン.キホーテで、ナチュリエのハトムギ化粧水とパッケージが似てるけどもっと値段が安い、

ラチナムレーベルの「ハトムギエキス配合化粧水」を見つけ、気になったので買ってみました。

「この2つパッケージが似てるけど、何が違うの?」と疑問に思ったので、比較してみました。

まずは一本づつを見てみると

①ナチュリエ「ハトムギ化粧水」

f:id:putipura:20170512185458j:plain

容量・価格:500ml・¥650(税抜き)

(私はダイコクドラッグの消費税5%引きセールで、¥491(税込み)で買いました。)

無香料・無着色の化粧水です。

②プラチナレーベル「ハトムギ配合化粧水」

f:id:putipura:20170515150943j:plain

容量・価格:1000ml・¥1200(税抜き)

(私はMEGAドン.キホーテで、¥698(税抜き)で買いました。)

無香料・アルコールフリーの化粧水です。

@コスメで、ハトムギエキス配合化粧水の口コミを見ると、

ドン.キホーテで売っているプラチナレーベルのハトムギ配合化粧水は偽物」

といったようなことが書かれていたので、

「私が購入したこの化粧水も偽物?」

と心配になり、@コスメ掲載のハトムギエキス配合化粧水と自分が購入した化粧水を見比べてたんですが、

@コスメで紹介されている化粧水とパッケージが全く一緒だったので、恐らく偽物じゃないと思っています。

2本の化粧水の成分の比較 

ハトムギ化粧水(ナチュリエ)の配合成分 

水・DPG・BG・グリセリン・グリチルリチン酸2K・ハトムギエキス・(スチレン/アクリレーツ)・コポリマー・エタノールクエン酸クエン酸Na・メチルパラベン・プロピルパラベン

ハトムギ化粧水の配合成分14種類の中で、気になった成分が「エタノール

エタノールは化粧水には入っていない方がいいと聞いたことがあるので、エタノールについて調べてみると⇩

普通肌の人や脂性肌の人はアルコール成分に向いていると思いますが、敏感肌や肌が弱い方、乾燥肌の人は不向きであることは間違いないかと思います。           

引用:https://www.kirei-kenkou.com/kesixyousui-etano-ru/

と書かれている美容ブログがあったので、参考にしてみてもいいかな?と思います。

ハトムギエキス配合化粧水(プラチナムレーベル)の配合成分

水・BG・グリセリン加水分解ローヤルゼリータンパク・(スチレン/アクリレーツ)・コポリマー・ヨクイニンエキス・クエン酸Na・クエン酸・フェノキシエタノール・メチルパラベ

ハトムギエキス配合化粧水の配合成分12種類の中で、気になった成分が「フェノキシエタノール

エタノール」は聞いたことがあったけど、「フェノキシエタノール」は今まで知らなかったので調べてみました。

すると、普通の「エタノール」よりも肌への刺激が弱いらしいです。

①「ハトムギ化粧水」に入っていて、②「ハトムギエキス配合化粧水」に入っていない成分

エタノール

②グリチルリチン酸2K

ハトムギエキス

④プロピルパラベン 

②「ハトムギエキス配合化粧水」に入っていて、①「ハトムギ化粧水」に入っていない成分

①フェノキシエタノール

加水分解ローヤルゼリータンパク

③ヨクイニンエキス 

2本の化粧水の使用感の比較

①のハトムギ化粧水は付き心地がサッパリしているんですが、②のハトムギエキス配合化粧水は肌に乗せたあと少しペタペタします。

個人的には使用感は①のハトムギ化粧水の方が好きです。

ハトムギ化粧水6種類を比較する動画も見つけました⇩

こちらの動画も参考になるかもしれません。


プチプラハトムギ化粧水6種比較!

おわりに  

私は①のハトムギ化粧水の方が使った感触は好きですが、②のハトムギエキス配合化粧水は1000mlで698円(私が行ったドンキ価格)と激安なので、身体用にじゃぶじゃぶ使っています。

身体だったら顔ほど感触は気にならないので。

 

広告を非表示にする

スポンサードリンク